2009-07-14

最近特に周りで「無責任」に見える人、物事が多いです。事情の説明もなしに「これをやっておいてください。お願いします。」のような丸投げの依頼がくることがよくある。人間が小さいものだからカチンと来てしまって「ふざけるな!それはお前の仕事だろう!」と怒鳴りたくなることすらある。実際には直接はなしをしにいって事情を聞いて判断するんですけどね。

でも、頼まれる人、物事、シチュエーションによってはそれを進んでやりたいと思うこともある。頼まれることが喜びのこともある。例えば今の私にとって子守りなんてその最たるものだ。あるいは友達や知り合いが困っていることがあってそれを私が解決できるなら依頼してほしいし、すすんでやりたいと思う。

結局は物の見方なんだと思う。同じものをみて、幸せになる人もいれば不幸せになる人もいる。怒り出す人もいる。泣き出す人もいる。世の中の物事はすべからくそういうものなのだと思う。良い面を見て行きたい。

「罪を憎んで人を憎まず」っていうことわざもあるし。(娘と一緒に見ていたプリキュアで言ってた。)

コメントを残す