2009-08-25

ずいぶん前に中古で買ったきり読んでいなかったのですが、思い出して読みました。ミステリー物を読んだのは何年ぶりだろうか、という位久し振りに読みました。

直木賞を取って映画化される位だから面白いんだろうなとは思っていたのですが、案の定面白くて1日で読み終えてしまいました。

最後まで読み終えてから、ほぼ完全に作者の術中にはまっていたことに気づかされ、やられた〜という感じです。嫁に面白かったよ、と言って勧めたら嫁もあっという間に読み終わってました。

読み終わって自分の中に何かが残った、読んでためになった…というようなことは特にないのですが、たまにこういうのも良いですね。

コメントを残す