2009-11-24

朝5時起きで移動して、お昼過ぎに瀋陽に到着しました。聞いていたよりも暖かく「今日は暖かい日」とのこと。それで油断してしまったのですが、夕方から夜になるとやはり寒い寒い・・・。

ちょっとでも観光できるのは今日の少しの時間しかないから、ということで世界遺産の瀋陽故宮を見に行きました。途中から凍えてましたが、やはり世界遺産になるだけあって凄いものでした。

返りにホテルまでタクシーに乗りたかったのですが、日本と違ってかなり主張しないとタクシーが止まってくれない。止まってくれても日本人で言葉が通じず、行き先もわからなそうだと判断すると、すぐに乗車拒否をされてしまうことを何度も繰り返しました。車で20分くらいの場所のホテルの名前や住所が書いてあるカードを見せればすぐにわかるだろうと思っていたので意外でした。みんな運転がものすごく荒いので、怖い怖い。結局30分くらいかけて10台くらいに声をかけてやっと乗せてもらえました。タクシーに乗ることがこんなにエキサイティングだとは知りませんでした(笑)。

あちこちで日本語も、私のしゃべる怪しい英語も通じる人が中々おらず、意思疎通に苦労しました。でも、昔の自分ならそのことに対して自分を責める気持ちになっていたと思いますが、今の私は「なんで日本語や英語をしゃべれないんだ」くらいの気持ちでいられるので、きっと進歩したんでしょう。(あつかましくなっただけかもしれませんが。)

今回の出張の目的は学生採用のための会社説明会なので、明日は大学に行って学生に会社の説明をしたり、日本語教室の授業をのぞいたりします。どんな感じになるか楽しみです。

「2009-11-24」への2件のフィードバック

  1. タクシー乗車大変お疲れ様でした。
    ジェットコースターと同じぐらいエキサイティングかな?。。。(笑)
    運転手さんみんな日本語も、英語も喋れないというわけだと思います(事実)。胡田さんの英語怪しいわけではないんです。
    会社に戻ってきたらぜひご感想を聞かせてください〜

    返信
  2. ホウさん、コメントありがとうございます。
    そうですね、まさにジェットコースターのようにスリルがありました。ホウさんとは会社でお話しできるので、詳しくお伝えしますね。

    返信

コメントを残す