2011-05-04

鹿嶋、神栖、潮来あたりを見て回りました。地震から1ヶ月以上たっているのでかなり直されていましたが、海岸沿いの道や埋め立て地のあたりはまだまだかなり酷い事になっていました。特に潮来市日の出のあたりは本当にひどかったです。なにか作業している人がいたりしたら、飛び込みで手伝おうと思っていたのですが、お仕事で復旧作業をしている人はいましたが、個人的に作業しているひとは見かけませんでした。そういうフェーズはもう過ぎたようです。

本来人間が住むのに適した土地ではないところを無理に開発していった結果がこれかと思うと・・・。もっとも自分の住んでいる家も、各種の事情を天秤にかけて、地盤がそれほど良くないことをわかった上で住んでいるのですが・・・。(一応地盤調査を実施した上でOKな場所である上に、昔の家屋に比べてはるかに安全性のたかいベタ基礎の家屋ではありますが。)

何も無い時には意識しませんが、こういう災害があるとあらためて自分の判断が正しかったのか不安になります。

コメントを残す