2011-09-25

風邪をひきました。娘と息子と私が寝込んでおります。息子は喘息も併発。嫁さんは無事なので3人で遊びに行ったところでもらってきたかな?

昨日娘が病院に行きたいと行ったので連れていったのですが、行きつけの小児科は土曜日の午後は診察をしていないのでhttp://www.matsudo-med.or.jp/kyujitu/b.php?d=20110924を見て行ったのですが、小児科がないので見てもらえず別のやってる所を紹介してもらってそこにいきました。子供は普通に内科とかでは見てもらえないってきっと常識なんだろうけど、わたしはよくわかってなかったです。松戸市の場合にはかならずテレフォン案内(047-366-0010)で確認しないといけないようです。

普段と違うところなので先生の個性の違いが面白かったです。いきつけのところでは子供に対して話をして、詳しい話は殆どしないのですが、大人に詳しく病気の説明をしてくれました。娘も真剣にそれを聞いていたようで、先生の「1万人から2万人にひとりくらいは入院することもあります」という言葉に泣きそうになってました。入院したら死んでしまうのかと思ったらしく。説明したら安心してました。

息子は土曜日の夜に咳がかなりひどかったので、日曜日の朝に病院に連れていきました。朝9時までは夜間の病院の受け持ちということだったので車で。1時間ほど待ちました。こちらの先生は子供目線。聴診器をあてるときにはべろをべーっとだして変な顔をして子供をあやしながらやってくれたのですが、息子は完全に無視。ちょっと気まずかった。「せっかくきたから吸引もしていきましょうねー」って感じでした。吸引するのが当たり前になってきてしまいました。ちょっと悲しい。

というわけで、わたしも喉が痛く体がだるいのでちょっと横になります。子どもたちも寝たし。みんなが元気になるまでの間に産気づくようだとまた大変だなぁ・・・。

コメントを残す